パンク修理剤 これは便利!

ロンドンでは、車のタイヤがパンクしやすいように思います。

パンクにはいろいろな原因がありますが、ロンドンでは釘やガラスなどの道路に落ちているゴミが多く、また日本と比べて路上駐車をする機会が多いことがその理由ではないでしょうか。(パンクに繋がる釘やゴミなどは、道路の縁石に溜まっていることが多い。)

パンクした時に持っていると便利なのが、缶入りの瞬間パンク修理剤です。(写真は左からホルツ社ガードX社の商品)パンクしたその場でリペアすることができ、ジャッキで車を持ち上げる必要もありません。空気も同時に注入されるので、女の人でもその場で修理ができるすぐれものです。

またロックナットが外せなく、スペヤタイヤと交換できない時に、修理工場まで移動する応急処置としても使えます。 パンクしやすいロンドンでは、一本車に常備しておくといざという時に心強いかもしれません。

【注意】 缶入りの瞬間パンク修理剤は緊急用としては有効ですが、軽微なものにしか対応できないこと、本格的なパンク修理はできなくなる(要交換)などのデメリットもあるのでご注意ください。 またタイヤ側面の穴や裂け傷、亀裂によるパンクの場合は修理できません。あくまで応急処置なので、早期のタイヤ交換が必要になります。

Gard X



13
What's this?
この記事に対して貴方の喝采分だけ「拍手する」をクリックして評価して下さい。

一つ前のページに戻る。

コメントを残す