無保険車の横行!

日本と違い、強制自賠責保険が存在しない為、公道を走行する為に、必ず加入しなければならない自動車保険ですが、何と英国では現在、推定170万人の車両が無保険で横行しているというショッキングが記事が掲載されました。

ポストコード別統計で無保険車最多・・・という不名誉な記録を打ち出したのが、BD3のBarkerend(ウェストヨークシャー)の49.5%。何と半数の車両が無保険で走っているのです。

2位以下はM12 West Gorton(マンチェスター)の43%、B21 Handworth(バーミンガム)の40%、B10 Small Heath(バーミンガム)の39%と続きます。

地域別ではダントツ1位は首都ロンドンの13%。8台に1台は無保険車というのですから、渋滞の中を走るのが恐ろしくなります。

こうした無保険車との事故での負傷者は毎時間につき3人、死亡者は毎週3人というのですから、呆れて物が言えません。

万一、事故に巻き込まれてしまっても、このように保険代を惜しむような輩から、補償金が簡単に引き出せるはずも無く、泣き寝入りの状態に・・・。あ~、恐ろしい。

この悲惨な現状に対して、警察当局では保険会社のデータベースを元に、自動ナンバー認識技術を酷使し、無保険車の押収に努めます。

その数は1日約500台。すごい数字ですよね。

2008年の統計では、232000人の運転手が6ポイントの失点と、£200の罰金を課せられ、185000台が押収。その40%が鉄屑と化しました。

しかしながら、不景気に突入した今、無保険車の数は増え、もっと厳しい処罰が望まれています。

お気の毒なのは、保険会社に誤った登録番号を伝えてしまい、無保険車と間違われてしまった車両の持ち主。

この場合でも£150費用+1日£20の保管料を請求されるそうなので、今一度、よく保険証券を確認してみて下さい。



32
What's this?
この記事に対して貴方の喝采分だけ「拍手する」をクリックして評価して下さい。

一つ前のページに戻る。

コメントを残す