ブレーキパッドセンサー

近代の車には様々なセンサーが取り付けられており、電子制御(コンピューター)によってすべて

コントロールされます。

上の写真はブレーキパッドの部分で鉄のパッドの中央に

センサーが取り付けられております。

 

 次にブレーキディスク(中央の鉄の円盤)と隣にあるのが、

ブレーキパッド2枚でサンドイッチ上に挟み込んで中央のブレーキディスクを締め付け、

タイヤの回転を止めるという仕組みになってます。

センサーの仕組みはブレーキパッドの鉄の厚みが摩擦で磨り減る事により、

センサーが上の写真のブレーキディスク(中央の鉄の円盤)に触れて反応した

段階で警告灯でドライバーに知らせます。

これはBMWを例に挙げておりますが、特にBMWは他のメーカーと比べ、

わりと早い段階でセンサーが反応するように設定されており、

ブレーキバッドが60%くらい消耗した段階(残り40%くらい)でセンサーが

中央のブレーキディスクに触れるようになっております。

従って警告灯が点灯した時は、ブレーキパッドが減りかけていることを

早い段階でドライバーに知らせるという意図があってのことになります。

このようにブレーキパッド・タイヤ・電球・オイルなどに代表される消耗品には

センサーが取り付けられており、異常があった際や交換時期が近づいた

時点で警告等で知らせるようになっておりますので、まずはマニュアルブック

を見てどこの警告灯がついているか確認しておけば安心です。



17
What's this?
この記事に対して貴方の喝采分だけ「拍手する」をクリックして評価して下さい。

一つ前のページに戻る。

コメントを残す