空飛ぶくるま

いままでも空飛ぶ車のアイディアはいくつかありましたが、これは発売されたらブレイクするのでは?

本当に空飛ぶ車の発売まで漕ぎ着けようと、欧州宇宙機関からスピンオフした、スタートアップ企業のLiliumが、実機の公開を先日発表しました。

ポイントとして、

垂直離着陸方式を採用し、特殊で高額の空港インフラを必要としない構造。
騒音や大気汚染の問題を解消すべく、電動のエンジンを装備。
離着陸時のみヘリコプターのような垂直離着陸方式を採用しているため、わずか15m四方の狭いエリアからでも飛び立つことが可能。
20時間ほどの講習でライセンスを取得できる「Light Sport Aircraft」に分類されるため、ほぼ誰でも操縦運転できる。

いままで発表された空飛ぶ車は、飛行場のような滑走路を必要とすることから、結局のところは実用化されずに終わっていたのですが、これならば都会でも手軽に舞い上がって運転できそうですね。

 aIR
LILIUM: http://lilium-aviation.com/



3
What's this?
この記事に対して貴方の喝采分だけ「拍手する」をクリックして評価して下さい。

一つ前のページに戻る。

コメントを残す